神田 笹鮨トップページへ

歴史
店主から
こだわり
お品書き
レシピ
地図
店主から
昔ながらの鮨屋でございます。

昔ながらのスタイルをかたくなに守り、
鮨一本で仕事させて頂いております。
使用する素材はほとんど天然物でございます。
当り前の仕事を飾らずに当り前に行っております。
鮨をもっと知りたいお客様は是非御来店下さいませ。
心よりお待ち申し上げます。
■常連さんになりたい方はこちら → 笹チュークラブ
暖簾の独りゴチ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


お知らせ
2019/06/05

〆ものが増えてますね・・・(苦笑




独りゴチ
2019/06/05

ジンタ始まりました!

お待たせいたしました、やっと入荷です
今年は機を逃してしまったかとやきもきしていましたが、昨日(6/4)魚河岸でなんとも様子の良い小アジを発見!出場(でば/出場所)は京都の舞鶴ですが、大きさと言い、肉付きといい申し分なかったので迷わず購入。

もちろん箱買いなので全部で70匹入っていました(苦笑  その中で「ジンタ」に使える大きさは40匹超・・・残りは南蛮漬けにでもします(笑 


鮨と言えばやたらとコハダの”しんこ”をありがたがる自称「鮨通」が大変多く存在しますが、それは本当の鮨通ではありません。ジンタを知らずして鮨を語るなかれ


弊店ではジンタ以外にも「麦イカ」や「鮎の姿鮨」など現今日の鮨屋では味わえないような鮨ネタが季節ごとにございます。是非お試しください。




独りゴチ
2019/06/05

期間限定

鮎の姿寿司

6月15日(土)までのご提供といたします。

6月に入り、梅雨はまだですが鮎が解禁となりました。弊店では毎年この時期に2週間限定で”鮎の姿寿司”を扱います。

鮎と言えば塩焼きのイメージが強いですが、弊店では真の江戸前鮨を標榜する限り塩焼きなんてやりません。しっかりと「酢〆」にしてご提供いたします。
鮨屋の先祖、華屋与兵衛の鮨図にも載っている鮎の姿寿司尾。現代によみがえる幻の鮨を是非お試しください。

鮨っ喰いを自負し、鮨を語りたくて仕方が無い御仁は是非ともお待ち申し上げます。


独りゴチ
2019/05/11

郵便受けを新調しました。ネームは自作のフィルムシールです。若干気泡が入ってしまったのは不徳と致すところです(嘆

青い方が今まで使っていたモノです。30年以上活躍してくれました。


お知らせ
2019/05/11

今年は神田祭です。
明日の日曜日は特別営業いたします。
皆様のご利用をお待ち申し上げます。


独りゴチ
2019/05/07

いやぁ〜・・・この10連休は営業して良かったです。

ご常連様のご予約もあり、またご新規のお若いお客様の御来店もあり、お陰様で思ったよりも商売が形になりました。
これを機に来年のGWも普通に店を開けようかと思案中です。

最近の神田はホテルの開業ラッシュでして・・・(2020五輪を見込んでいるのでしょう)これらのホテルにも「やってますよ〜」という営業回りを敢行したこともコンマ数パーセントくらいの効果があったのかもしれません。

いずれにせよ普段来れない、来にくいお客様がご利用できたのかな?と思うと休日営業もまんざらではないのか、と思うのです。

これからの弊店の営業スタイルの一つの指針となりました
。今後とも皆様には引き続きご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

さて・・・そんなこんなで10連休が終わったと思いきや・・・今週末は2年に一度の「神田祭」です!!

ということで!!
今週末12日(日曜日)に特別営業いたします!!
11:00〜19:00です。

皆様のご利用をお待ち申し上げます。


お知らせ
2019/04/05

今年のゴールデンウィークは「10連休」となっておりますが、弊店はそんなに休むと潰れてしまいますし、筆者はそんなに休むと働きたくなくなるので・・・特別営業を致します!!

詳しくは画像をご覧ください。^−^


お知らせ
2019/03/13

16日(土)の昼は貸切となります。一般の方のご利用はできません。

皆様には大変ご迷惑おかけします。


お知らせ
2019/03/07

只今当店では期間限定で「白魚の握り」をご提供しております。

江戸前の技法を凝らした伝統の握りを是非お試しください。

16日までのご提供となります。




お知らせ
2019/02/20

只今当店では〆もの(酢で〆た魚)がなんと八種類!!!
過去最多です!!!! 昆布〆なんか一つもありませんよ?(苦笑

何も季節外れの魚を使用しているわけではありません、名残もあれば走りもありますが、どれも今の時期だからこそ揃えられるネタなのです!

季節外れの夏にコハダやサバを出すような寿司屋とは一緒にされたくはありません!!(笑

今の時期(三月いっぱいまで)を逃すと味わえません!!
是非お試しください。

鮨屋ですからこれくらいの仕事はしないと看板に傷がつきます。椀物や鯛の兜煮、ブリのカマ焼きを出している場合ではありません。〆ることこそが鮨屋の本業。王道だと弊店は考えております。

日本全国探しても・・・否、世界中を見ても〆もの八種は当店だけど自負しても過言ではありますまい。

鮨好きを自認していてもサバとコハダ、よくてカスゴ、サヨリ(昆布〆ではなく)しか経験の無い方は是非お試し下さい。
新たな世界が広がります。

皆様のご利用をお待ち申し上げます。


注)仕入の関係、また売れ行きにより八種類全部が無い場合があります。なるべく切らさない様に努めますがそのような場合はご容赦ください。



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

Copyright(c) 2009 sasazushi All Rights Reserved