神田 笹鮨トップページへ

歴史
店主から
こだわり
お品書き
レシピ
地図
店主から
昔ながらの鮨屋でございます。

昔ながらのスタイルをかたくなに守り、
鮨一本で仕事させて頂いております。
使用する素材はほとんど天然物でございます。
当り前の仕事を飾らずに当り前に行っております。
鮨をもっと知りたいお客様は是非御来店下さいませ。
心よりお待ち申し上げます。
■常連さんになりたい方はこちら → 笹チュークラブ
暖簾の独りゴチ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


緊急事態宣言解除を受けて
2020/05/26

皆さま、如何お過ごしでしょうか?

一か月以上に及ぶ自宅勤務・自宅学習、外出自粛で
体がなまりきっているのではないでしょうか?

筆者は「コロナ太り」が顕著でそちらが”緊急事態”となっております(自嘲

さて、先日政府は緊急事態宣言を解除しました。
これに伴い東京都でも段階的に自粛要請を緩和する方針を打ち出しました。

東京都の方針によると飲食業は22:00までの営業(酒類販売を含む)を認めるようです。

しかしながら・・・宣言が解除されたからといって、直ぐ様以前ような生活に戻るのでしょうか?

テレワーク(在宅勤務)にようやく慣れてきたという方もいらっしゃることでしょう。
学校も即座に再開するわけでもありません。

ましてや宣言が解除されたといってウイルスの危機が去ったわけではなく、第二波の心配も聞き及びます。

これらの様々な状況を鑑み弊店では今しばらく夜の部の「短縮営業」を続けます。社会の動きが、様子が見え始めたら段階的に営業時間を延ばしていく予定です。

完全に元のようには戻らない気も致します。
弊店でも以前のように「夜10時閉店」とはならないかもしれません。

こればかりは社会情勢の移ろいを受けつつ、その都度柔軟に対応していく他ないように思います。

弊店での変更がある度にこちらで告知致しますし、また、メルマガ登録者の皆様には直接メールにてお知らせも致します。

今後とも神田笹鮨をよろしくお願い申し上げます。



今日の〆もの
2020/05/11

いよいよ夏めいてまいりました!!

キスやシマアジが始まりました。

鰹も!です。




GWのお知らせ
2020/04/25

皆さま、如何お過ごしでしょうか?

そろそろ自粛疲れが出ているのではないでしょうか?

普段の何気ない生活。当たり前の活動がいかに
大事かを思い知らされております。

さて、今年の大型連休(GW)の営業日程をお知らせ
いたします。昨年のGWは令和への変わり目で大変賑やかだったと記憶しております。

画像を参照してください。

5月3日〜6日まで4連休いたします。
5月2日の土曜日は昼は通常通りですが、
夜は持ち帰りのみ対応させていただきます。
店内での飲食はできません。

その他の日時はいつも通りです。
(夜は相変わらず短縮営業です)

よろしくお願い申し上げます。


閂の干物
2020/04/10

魚河岸では新型コロナウィルスの影響により、魚が売れていません。どこの仲卸も手持無沙汰で暇を持て余しておりました。

いきつけの店に顔を出すと「持って行ってよ〜><」と
懇願されたのがこちらの魚。

閂(かんぬき)です。

閂とは魚の名前ではなく通称です。
ご覧の通り「サヨリ」ですが、サヨリの大型のものを
閂といいます。

本来閂はとても高価な値段で取引されるのですが、
こちらのは若干鮮度が落ちるため、格安で売りに出されておりました。

刺身でも行けるほどの大きさ(身が厚い)を贅沢に
干物にしてみました。

仕上がりが楽しみです。


ポパイに掲載されました
2020/04/10

ただいま発売中の雑誌「ポパイ」に掲載されました。

とても記事が多い雑誌なので弊店の掲載項を見つけるのは
難しいかもしれません(苦笑


営業時間短縮のお知らせ
2020/04/08

【営業時間短縮のお知らせ】

平素は弊店をご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

 政府の緊急事態宣言を受けて、東京都からも様々な要請がでております。

 それらの状況を鑑み、弊店では当分の間 夜の部を 
19:30L.O.   20:00閉店とさせていただきます。

昼の部は通常通り11:00〜13:30で営業いたします。

持ち帰りも対応しております。(昼・夜ともに)


尚、土曜日・日曜日も昼は通常営業、夜は短縮営業いたします。

皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りたくお願い申し上げます。


通常営業
2020/04/04

弊店は今週末(4日、5日)も通常営業
しております。


ジンタ
2020/03/31

ジンタを知らずして鮨を語るなかれ


ジンタとは鯵の新子のことです。小肌の新子は有名ですが、鯵にも新子があります。(もちろん他の魚にも新子(稚魚)がいるわけです)小肌の新子がやたらと珍重される風がありますが、弊店に言わせれば小肌の新子よりもジンタのほうが数倍、否数万倍美味しいです。


世間一般の鮨屋は小肌の新子は気合を入れて仕込むのに、何故ジンタをやらないのか・・・江戸前鮨を標榜するのならジンタくらいやっていただかないと(冷笑


画像の表示が・・・
2020/03/31

画像のサムネイルが上手く表示されませんね・・・。

縦になちゃってますが、クリックしていただくとちゃんと横に表示されます。

どうやったらサムネイルも横になるのですかね。
PCのズブの素人なのでよくわかりません。
申し訳ございません。



今日の〆もの
2020/03/31

新型コロナウィルスで嫌ぁ〜な世情ですが、弊店は粛々と営業をしております。

東京都の週末における外出自粛要請がありましたが、弊店は通常営業を続けました。その結果ハッキリと分かったことは「ご常連様によって守られている」ということでした。

多くのご常連様に助けられ先週末(3.28-29)を乗り切ることができました。誠に感謝感激です。
ご来店頂いたご常連様には改めて御礼申し上げます。

さて、季節はいつの間に移ろいいよいよ春・・・となりました。さくらの開花宣言が出た後雪が降ったり、やたらと肌寒かったりと中々春を感じられませんが、それでも魚は確実に春を迎えております。

コハダ・サバは卵(精巣・卵巣)が大きくなり成魚の味も脂も落ちてしまいまいした。弊店における取り扱いは終了させていただきます。


そしていよいよ鯵の季節到来です。



その前に「ジンタ」が登場しました。

それでは皆様ご一緒にいつものフレーズをご唱和ください。


ジンタを知らずして鮨を語るなかれ!!

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

Copyright(c) 2009 sasazushi All Rights Reserved