神田 笹鮨トップページへ

歴史
店主から
こだわり
お品書き
レシピ
地図
店主から
昔ながらの鮨屋でございます。

昔ながらのスタイルをかたくなに守り、
鮨一本で仕事させて頂いております。
使用する素材はほとんど天然物でございます。
当り前の仕事を飾らずに当り前に行っております。
鮨をもっと知りたいお客様は是非御来店下さいませ。
心よりお待ち申し上げます。
■常連さんになりたい方はこちら → 笹チュークラブ
暖簾の独りゴチ

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


近況など・・・
2020/03/10

一ヶ月ばかり更新が途絶えておりまして、真に申し訳ございません。 久方ぶりの更新が「ぴあmook」だけでは申し訳も立たないと思い、近況報告などいたします。

先ず「新型コロナ」の影響ですが、弊店はそれほど大きな影響を受けているとは感じません。なぜなら弊店は団体客や観光客がメインではないからです。

個人で来て、弊店の鮨をこよなく愛してくださる”マニアック”な方々が集う店なので、いつもどおり空いていて静かな店です(自嘲

コロナ決行!(雨天決行的なw)の意識で鋭意営業しております。


 次に学割制度の試みを報告いたします。
二回開催しましたが、恥ずかしながら第一回は無観客・・・基い、無客でした(嘆

しかしながら!!  第二回目は四人もの大学生にきていただけて、感無量です!!!
一人はツイッターの情報、もう三人はグループで「知り合いに教えられた」とのことでした。正に口コミ!!

たった四人だったかもしれませんが、筆者は0人だと思っていたので、万々歳です。

後になって知ったのですが、2月というのは大学生が学校に来ない時期、つまり”春休み”だそうで、大学関係者(教授等)にチラシを託しても「今は学生いないから配りようが無いねぇ・・・」と言われてしまいました。

次回からはもう少し開催日時を精査して行いたいと思います。
えぇ、またやります!学割!!(今度からは25歳以下限定とします)



次に・・・弊店の新業務形態、即ち”日曜・祝日営業、水曜全休”についてです。

「どう?曜日変えて?」とよく聞かれます(ご常連に)

正直申し上げて”大変良い”です。
ややもすると平日よりも日曜日の方が来客数・売り上げともに多いときが多々あります。
また、月曜・火曜の午前中を仕込みに専念するために非営業としていることも功を奏しています。

ご常連の方々にはなかなか不慣れでご迷惑をおかけするとは思いますが、徐々に慣れていって頂いて、日曜日の夕食等を弊店で済ましていただきたくお願い申し上げます。

他は・・・特にないですかね?

あ、三代目一郎は元気にしております。既につけ場には
立ちませんし、握りもしません。しかし毎日店には来ております。ご安心ください。

他知りたいことがありましたら、弊店メールアドレス
info@sasazuhi.com   へお寄せください。
お答えできる内容はこちらでご紹介させていただきます。

お答えできない、しづらい内容のお問い合わせには無視する可能性(返信すらしない)がありますので、ご了承ください。

それでは次回更新まで・・・。


ぴあmook
2020/03/10

ただいま発売されているこちらの本に弊店が掲載されております。

しかも本文のみならず、弊店の握り寿司の写真が冒頭からでております(笑)

是非お買い求めくださいませ!!






今日の〆もの
2020/02/14

復調の兆しが!! 全七種!!

桜鱒は必食!!

鯖は卵が大きくなってきましたね、そろそろ終わりかも
しれません。




学割試行!!
2020/01/26

皆様如何お過ごしでしょうか。

結局新年の挨拶もままならず、1月もあと一週間で終わってしまうという状況です(苦笑

さて、昨年は色々と新機軸を打ち出してきた弊店ですが、今年も益々仕掛けてまいります。
その第一弾が「学割」です。

画像をご参照ください。

今回は試行ですので、2月中の二日間しか行いませんが、この様な企画を今後も継続していく所存です。

少しでも多くの若者に本当の江戸前ちらし(海鮮丼等ではなく)や握りを体験してもらいたいと考えております。

このコラムをご覧になっている皆様の身近な学生に是非ともお声がけいただければ幸いです。(このコラムを見ている学生がいれば良いのですが・・・)

息まいて開催するのは良いですが、誰も来ない可能性が大ですね(苦笑
まぁそれでも何かのきっかけになってくれればありがたいと思う次第です。

勿論この日程で時間帯で一般の方(学生以外)のご利用も可能ですが、通常価格での提供となりますのでご了承ください。

だめですよ?昔の古い学生証を持ってきても(笑


若者よ!学生よ! 回転すしやファミレスみたいな寿司店へ行っている場合では無い。これからは違いのわかる人間になろうではないか!! 

*持ち帰りや出前には対応しません。店内ご利用のみです。


ツイッター公式アカウント
2020/01/17

令和2年(2020)よりツイッターの公式アカウントを作成いたしました。

https://twitter.com/sasa_no_waka


以前のアカウントは四代目隆二の個人アカウントになります。

今後は公式アカウントをフォローしてくださいますよう、お願い申し上げます。

以降店の情報(早仕舞い、臨時休業、新ネタ情報等)は
公式アカウントからのみ発信いたします。

今までの「若旦那りゅうじ」アカウントは個人の心の呟きが垂れ流しとなりますのでご注意くださいませ。



お知らせ
2020/01/17

当店の電話回線は本日(1/17)15:44を持ちまして復旧いたしました。

皆様には大変ご不便をおかけしました。

お電話でのご予約を承れます!!!


お知らせ
2020/01/16

只今、1/16(木)現在当店の電話は繋がりません。

光回線の不具合による不通です。
早急に工事をしておりますが、復旧の見込みは明日1/17(金)の14:00頃を予定しております。

皆様には大変御不便をお掛けします。



年末年始のお知らせ
2019/12/15

毎度お引き立て頂き、誠にありがとうございます。

弊店は年内29日()を最終営業日といたします。

尚、通常営業を行う予定ですが、夜の部はネタ・シャリ無くなり次第終了とさせていただきます。
ご了承くださいませ。



年始は1月6日(月)17:00〜といたします。


以上よろしくお願い申し上げます。


宮島の終焉
2019/12/04

10月の後半に永年使っていたシャリ切用の宮島(大きいしゃもじ)が割れてしまいました。

筆者が幼少のころから(ややもすると生まれる前から!)
当店で使われてきた宮島。50年以上も活躍してくれたのですね。

翌日には魚河岸へ行った際に新たな宮島を購入したので営業的には全く問題はありません。

しかし購入に辺りちょっと面白いことに気が付きました。

50年以上も使用していたので薄くなったり、小さくなったりしているわけです。(画像参照)
故に長さも短くなっているのだろうと思い、計測した長さが54cmだったのに道具屋で「55cmのはありませんか?」などと言って店員さんを困らせました(苦笑

「54cmの上は66cmになってしまいます、そして取り寄せになってしまいます」

とのこと。取り寄せている暇はありません。

「ん〜〜〜、ではこの54cmので良いですよ、これ貰って行きます」(この場合の貰うは買うという意味ですね)


で、店に戻って割れてしまった以前のと比べるとぴったり長さが同じだったのです!(笑

そこでピン!と来た筆者。
昔から使われている日本の道具は「尺貫法」で大きさや長さが決まっているのが多いのです。

故に54cmは3で割り切れますね。

包丁も「**寸」や「*尺*寸」といったサイズで呼称し、指定して買います。

これに気づき心が晴れやかになり、納得できて良かったです(笑

それにしても50年以上使ってきた宮島は持つ所も薄くなっていて軽くなっていたので、新しい宮島は重くてシャリを合わせるのが一苦労です。
右腕だけ太くなりそう?(苦笑

三代目に言わせると買ってきたばかりの宮島は厚さがあるのでカンナですこし削ったそうです。
筆者もそうしたほうがシャリを合わせやすいのでやろうと思いますが、もうしばらくはこのまま、買ってきたままの状態で挑戦しようと思っています。

でも重いしなぁ・・・疲れるしなぁ・・・(悩

この新たな宮島が今後50年以上使われると思うと、
神田笹鮨もこれからさらに50年以上続かねばならないと
プレッシャーを感じました(苦笑




Legal and Financial Advisors (Spain)
2019/12/03

先日掲題の会社(?)からFAXが届きました。

内容としてはスペインに住んでいるあなたの親戚が休暇中に旅行で訪れた中国で地震に遭い死んだ。750万ユーロの財産が・・・、というような(苦笑

残念ながらわが一族にスペイン居住者は居らず、一発で詐欺と分かるFAXです。しかも2008年の災害で死んだ者の縁者を調べるのに10年以上かかるとは昭和時代ですかね?(苦笑

しかしながら筆者も小心者ですので一応ネットで調べます。この会社が本当に存在するのか、また同様なFAXを受け取っている人が居ないか。

居ました(笑

https://tetsuyahattori.com/info/legal-and-financial-advisors-spain
↑こちらの方のブログにありました。
全く同じ文面で名前が違うだけですね。
「David」という外国名は日本で言う「太郎・一郎」ナンですかね。

こいうった詐欺に引っかかる人いるのですかね?(苦笑

この詐欺グループもこんな「取出」などという珍しい苗字の者をわざわざ選ぶのではなく「鈴木」とか「佐藤」「渡辺」あたりにしておけば少しは引っかかる率が上がったかもしれませんね(冷笑

インターネットは人類の生活をとても便利にしました。
スマートフォンもしかりです。
しかしながら便利になればなるほど悪いことを考える奴が多くなる気がします。またその便利を利用した犯罪が増えてますね。

機械(技術)に振り回されないように気を引き締めて参りたいですね。


menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

Copyright(c) 2009 sasazushi All Rights Reserved